刀刃の上を湯玉になって転がる温度が何度かどうかというのが分かる測定報告というのはないそうです。とはいえ200℃〜400℃では焼戻し脆性が生じてしまうということで、200℃以下の低温焼戻し処理でなければならないということになるかと思います。現代の鉄鋼材料学というものがなかった千年も昔から、刀匠は流派の掟や経験と勘で、これらの焼入れや焼戻しをしていたということになるようです。伝統的作刀技術というのは、現代科学からみても驚嘆に値するといえるようです。り込みと焼入れによって、折れにくく、切れ味の鋭い日本刀が作られていくそうです。焼入れによって反りが生じるそうです。

刃の部分は急冷されることによって体積膨張の大きいマルテンサイト組織に変態するそうです。棟側の方は刃の部分に比べて体積膨張が小さいパーライトという組織になるそうです。その結果、刀身の長さ方向への刃部の伸びは、棟側の伸びに比べて大きくなるということで、湾曲変形することによって力学的バランスが保たれるということになるそうです。すなわち、日本刀の反りというのは、力学的バランスによって生まれた造形ということになると言えるようです。焼入れによって、刀側と棟側の体積の膨張差によって曲げ変形が生じるということだそうです。棟側のパーライトというのは体積膨張が少ないので引張応力が、刃側のマルテンサイトは体積膨張が大ということで圧縮応力が生じるということだそうです。もし火事などで焼けて高い温度に曝されて、刃部のマルテンサイト組織がパーライトなどの組織に変態した場合は焼入れ前の火造された状態の反りの無い直刀に戻るということになるそうです。坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行というのが、火災のために直刀に戻ったそうです。

焼入れ温度としては、炭素量が0.6〜0.7%と比較的高い玉鋼を用いる備前伝では780℃程度に加熱するのだそうです。炭素量が比較的低い玉鋼を用いる相州伝では800℃程度に加熱するそうです。焼入れ温度が比較的高いときは、沸が主調となる沸出来、低いときは匂が主調となる匂出来になるそうです。これは含有炭素量によって変わってくる場合もあるそうです。

玉鋼は、冷却する速度によって異なる鋼組織になるそうです。焼刃土が薄く塗られた刃先の部分は急冷されることになるかと思います。オーステナイトがマルテンサイトという鋼組織に変態するそうです。マルテンサイトというのは、非常に硬く、物を斬るのに適した鋼組織だそうです。刃先から内部に行くに従って、ツルースタイト、ソルバイトという組織も生じるそうです。一方、焼刃土が厚く塗られた棟側は徐々に温度が下がっていくということで、オーステナイトがパーライトとフェライトの組織に変態するそうです。また、造り込みの内部の心鉄は、炭素量が0.3%〜0.4%ほどで、フェライトとパーライトの組織になるそうです。パーライト+フェライトというのは、延性や靭性が大きい集合組織だそうです。この場合、刃の部分は硬くてよく切れるそうです。一方で、刀身全体としては柔軟性があり、折れにくい強靭な日本刀をつくることができるそうです。焼入れで生じたマルテンサイトというのは不安定だそうです。非常に硬く脆いということもあるそうです。そのため、再加熱して粘さを回復させる熱処理が一般的に行われるそうです。これを焼戻しというそうです。作刀においても、合い取りといわれる、水を落とすと湯玉になって転がるくらいの温度に再加熱するという焼戻し処理がなされるそうです。

日本刀は、西洋の一般的な刀とは異なり、両方に、刃があるため、諸刃の剣などという風にも、言われることも多いようで、相手を、傷つけようとすれば、自分自身にも、その影響が帰ってくるということの、精神的な考えの表れである、というふうに考えられているでしょう。ともかく、上級者と、呼ばれる家庭までたどり着くためには、毎日毎日の、地道な鍛錬が、重要であるということは、忘れないでおいた方が、いいかもしれません。このようにして、達人のようになってしまえば、まるで、自分の手の一部のように、刀を扱うことができるようになるため、このような段階においては、全く、力を入れずに、鍵をコントロールすることが、できるということです。 かつては、質の高い、訓練を取り入れることは、それほど難しいことではなく、母親や、父親や、近くにいる剣術に長けた人などに、気軽に教えてもらうことで、自分自身を高めることができたわけですが、現代では、複雑な、社会の発達によって、むしろ、堅実などを知らない人のほうが、圧倒的多数になってしまったため、心技体が揃った、剣術の専門家を探すことは、とても、難しくなってきていると、いうふうに考えられます。江戸時代などでは、日本刀を用いた、武士社会が一般的であったため、身近な人に剣術などや、それにまつわる精神論を学ぶことができたわけですが、現在では、非常に難しくなってしまっている、ということは、大変、残念な状況があると考えられます。しかし、識字率が大幅に向上し、様々な本が、出版されている現代においては、日本刀や、それを用いた、かつての精神的な考え方というのが、どのようであったか、ということが、文字資料として、十分に残されているということは、ありがたいことです。

 

日本刀を巡って、その周辺の、現代にも脈々と受け継がれている礼儀作法や、日本刀を用いた稽古や、古武術の中に存在する鍛錬方法などをなるべく有効に活用しながら、そもそも、戦国時代や、江戸時代などの、武士社会において、日本刀などが精神と結びつけられてどのように考えられていたのか、ということを、具体的に学ぶチャンスがつかむ必要がある、ということです。日本刀やそれをもちいていた武士がどのような変遷を経てきたのかという、具体的な歴史的観点を、しっかりと理解しておくことで、武士道の本質をつかむということが重要だ、と言えるのではないでしょうか。 確かに、最近では、身の周りにいる人に、稽古をつけてもらったりだとか、身近な人から、このような武士道精神を、学ぶことができなくなってしまったことは、大変、残念なことではありますが、現代では、図書館などに行けば日本刀に関する理解を深めることは容易にできますし、江戸時代などとは形を変えて、日本刀や、模造刀を用いたエクササイズや、イベントなども、催されていることから、このような形で、積極的に、参加していくことで、かつての、古き良き日本人が、どのように考えて、物事を執り行っていたのかということが、分かるようになるかもしれない、可能性も、秘めているということは、確実に言えるかもしれませんね。日本刀は相手を切るというためだけに存在していたのではなくて、自分自身の、自己研鑽のために存在していたということは確かでしょうし、当時の武士社会において用いられていた考え方もふくめてひとまとめにして学ぶということが何よりも重要であると考えられるのではないでしょうか?

鉄には本来切れ味が増すにつれて折れやすくなるという性質があり、折れなければ曲がりやすい。しかし日本刀はこうした鉄の難点を見事に解決して切れ味と耐久性を誇り、さらには美術的価値まで有するようになりました。この進化の秘密は一体どこにあるのでしょうか。武家政権が誕生して以降、自分や家族の命を守るため、優れた武器を入手できるかどうかは文字通り死活問題でした。刀工へのリクエストは創造へのプレッシャーとなり、点々と良作が生み出されましたが、この良作を偶然の出来に終わらせず、体系化したのが大きかったと思われます。様式が確立し、刀匠が教授するメソッド(基本的製造法)が成立したからです。

 刀匠は後輩の刀工から敬われると同時に、高い地位にある武士たちからも信頼されました。当時のエリート階級であった武士は美学的教養も持ち合わせていました。彼らは己の審美眼にかなうデザインを刀匠にリクエストし、刀匠もまたそれに応えようと研鑽を重ねました。その結果が熱処理によって刀身に模様を浮かび上がらせる刃文であり、彫刻や象嵌が散りばめられた刀装と相俟って、日本刀を一大芸術品にまで高めることになったのです。

 こうした日本刀には海外でも称えられる伝説が存在します。織田信長が黒田官兵衛に与えた名刀は、信長に無礼を働いた茶坊主を成敗したのですが、間に塞がった棚もろとも押し切ったと伝えられています。また本田平八郎忠勝が愛用した「蜻蛉切」は、蜻蛉がその刃先に止まっただけで切断されるほどの切れ味だったそうです。さらに伝説は近代のものまで存在し、第一次世界大戦中にドイツは日本刀の成分分析を試み、その結果を大砲製造に利用したというのです。